べるべっとるーむ

就活・転職や職業に関することをつらつらと

【2019卒就活】売り手市場に潜む罠

f:id:Igortan:20170603151058p:plain

空前の売り手市場

団塊世代の大量退職と少子化に伴い、企業に人手不足感が広がっています。
これを受けて、近年の就職環境は空前の売り手市場だと言われています。

では、2019卒の就活も簡単になるのでしょうか?

www.nikkei.com

内定は早期にでる傾向

2018卒向けの就活でも、選考解禁早々に内定を獲得する学生が多く見られています。 人手不足にあえぐ企業が焦り、採用基準を下げてでも早期に学生を確保した結果でしょうか? もしそうだとすると、今まで難易度が高かった企業からも内定がもらえやすくなるのではないでしょうか。 www.jiji.com

人気企業の内定難易度は下がったのか?

現実はそんなに甘くはありません。 人気企業に限っていえば、倍率は過去最高!!
売り手市場など全く関係ないのです。 blog.esuteru.com mainichi.jp

見方を変えれば、売り手市場であるからこそ、学生には気持ちの余裕が生まれ、以前なら諦めてた人気企業へ挑戦する学生もまた増えているのです。 2019卒ではこの傾向は更に顕著になると予想されます。

進む採用の格差

「でも早期に内定を獲得する人が増えてるってことは、やっぱり企業は選考を簡略化して採用基準を下げてるんでしょ?」

残念ながら違います。人気企業においては、採用基準はむしろ上がっています。 就活解禁後すぐに内定がだせるのは、それ以前に選考がある程度終わっているからです。

大手企業の人気職では、インターン制度やリクルーターなどを使い、時間をかけて選考した結果、優秀な学生には内々定をだしているところがほとんどです。 6/1の就活解禁後に公式に内定を出すのは「経団連のルールを遵守していますよ」というポーズでしかありません。もはや様式美といっていいでしょう。 人気企業は体力があるので、インターンを行ったりリクルーターを使って早々に内々定をだし、多くの優秀な学生を囲い込んでしまいます。

しかし一方で、人的・資金的にも余裕のない中小企業では、同じようなことはできず、結果として採用したい優秀な層はほとんど大手にさらわれてしまいます。そして日本の企業の9割が中小企業であり、その中小企業において「採用したいのに(基準に達する)人がいない」または「(優秀な人材からの)応募が少ない」状態となる。つまり「人手不足感が強い」ということになります。

この「採用の格差」ともいうべき状況は2019卒でも続いているでしょう。

まとめ

空前の売り手市場などと言われてはいますが、内定獲得の難易度は落ちてはいません。 むしろ人気企業へ挑戦する人は増えています。

「売り手市場」という言葉にあぐらをかいていると、痛い目をみることは確実です。

情報戦ともいえる就活を勝ち抜くためにも、いまから就職を意識して動くことが大切です。 インターンへの参加や、就活サイトが主催する各種イベントなどに積極的に参加し、情報収集と自己研磨に努めましょう!

gaishishukatsu.com

job.rikunabi.com

情報戦を勝ち抜け!2019卒必見の就活サイト

2019卒の就活はもう始まっている!

f:id:Igortan:20170514174242j:plain

2019卒のみなさん、もう就職活動は始めていますか?
まだならすぐに始めましょう!インターンシップを実施する企業も増え、学生が就活を意識する時期が以前と比べてはるかに早くなっています。今回は2019卒の就活の流れと、今や必須ツールとなった就活サイトについてご紹介したいと思います。

2019卒の就活スケジュール

まずは就活のスケジュールを確認しましょう。
2019卒の就活スケジュールはざっくりと以下のようになります。

イベント
2017 4〜5 インターン
2017 6〜9 インターン
2017 10〜11 インターン
2017 12〜2 インターン
2018 3 本選考エントリー開始
2018 4〜6 エントリーシート提出
2018 6〜9 面接
2018 10 内定式・内定者研修スタート
2019 3 大学卒業おめでとうございます
2019 4 入社!!

ここ数年はインターンシップの普及とそれに伴う内々定の特別ルートの出現、早期からの大手企業による優秀層の囲い込み・繋ぎ止めが活発化しており、インターンシップへの参加と早期からの本選考対策が志望企業の内定を奪取する重要なポイントとなってきます。

インターンシップに参加しよう!

f:id:Igortan:20170514175925j:plain

ここ数年、日本でもよく耳にするようになったインターンシップ
もともとは北米やヨーロッパで活用されている制度で、学生のうちに就業体験をしてもらい、入社後のミスマッチを防ごうというものです。就業体験と銘打ってはいますが、実質的に優秀な学生を早期に選別するための選考ステップとして機能しています。とりわけ外資系企業ではJOB(ジョブ)とよばれ、選考過程の一部です。優秀だと判断されれば、JOBの終了後に内定をオファーされます。

最近では、日本でも1dayインターンが解禁されたりと、企業の認知が進み、インターンシップを導入する事例が増えてきています。実質的に「選考の一環」として位置づけている企業もあるので、就活を有利に進めるためにも参加は必須といえるでしょう。

志望企業のインターンに受からなかったとしても、同業他社のインターンに参加することで、より具体的な就業イメージを持つことができます。本選考の面接において、インターンに参加しなかった就活生よりも、的確な質疑応答ができるはずです。当然、人気企業においてはインターン選考もかなりの競争率になっており、難関企業の選考を突破するためには就活サイトを活用した情報収集が欠かせません。

面接内容を事前に把握して本選考を突破!

インターンシップに参加して、業界や企業への理解を深めたらいよいよ本選考がスタート!2019卒向けは、2018年3月に企業の広報活動が解禁されます。本選考において最初の難関はエントリーシート(ES)です。面接に辿り着くには、まずESの審査を突破しなければなりません。かといって闇雲にESを書いているようでは、人気企業・難関企業のESは通過しません。その企業の過去のESを公開している就活サイトがありますので、ちゃんとチェックして対策しましょう。ESを通過すると、いよいよ面接です。就活とは面接が全てであるといっても過言ではないでしょう。以前は、OBに面接のアドバイスをもらったりして対策をしていましたが、現在では内定を勝ち取った人の先行体験記など重要な情報が就活サイトで公開されています。志望企業の面接の内容は、必ずチェックしておきましょう。

就活サイトってリクナビとかマイナビに登録しとけばいいんでしょ?

以前は、リクナビマイナビを使っておけば大半の情報は網羅されているため問題ありませんでした。しかし、便利で特色のある就活サイトがたくさんでてきています。それぞれのサービスの特徴をしっかりと把握して、自分の目的に合わせて賢く使うことでライバルと差をつけることができます。

大手就活サイト

多くの企業の求人情報を幅広く扱い、網羅的に情報を探せるのが強みです。
しかし多すぎる情報ゆえに、欲しい情報がなかなか見つからなかったり、利用者が多いために本選考が解禁される日には、人気企業の説明会や選考会の予約枠を奪いあうクリック戦争が発生します。サイトが高負荷となり画面が表示されなかったり、すぐに枠が埋まってしまい参加できなかったという事態も起こりえます。

リクナビ

job.rikunabi.com

いわずと知れた老舗の大手就活サイト。とりあえず登録しておくという人も多いのではないでしょうか。圧倒的な情報量で、ほとんどの企業の情報を網羅しています。ESの書き方から支援ツールの提供まで手厚いサービスが用意されており、さらにリクナビ主催のイベントも開催され、就活生には登録必須となっているサイトです。しかし外資系企業などは掲載されていないこともあり、そのような企業を狙う学生には、必ずしも十分とは言えないかもしれません。

マイナビ

job.mynavi.jp

リクナビと双璧をなす老舗の大手就活サイトとして有名です。リクナビと同じく情報量が多く網羅性も高いですが、こちらも利用者が多いためクリック戦争が起こります。さらに募集情報の掲載解禁日には、アクセス過多による負荷でサイトが利用できなくなります(もはや風物詩みたいなものです)

特化型

大手サイトにはない特色あるコンテツを提供する就活サイトです。過去のインターンの内容、通過した実績のあるES、面接の質疑応答など有益で重要な情報が公開されていたります。また自分のプロフィールを登録して公開しておくと、企業の方からスカウトが届くような逆オファー形式のサービスを提供しているサイトもあります。

外資就活ドットコム

gaishishukatsu.com

外資系企業、日系トップ企業、勢いのあるベンチャー企業に特化した就活サイト。外資系の有名コンサルや投資銀行、日系の大手商社、メガバンクなどの超難関企業を目指す優秀な学生には、もはや必須となっているサイトです。通過実績のあるESや、内定獲得者による選考体験記、豊富なコラム記事などの有益なコンテンツが数多く掲載されています。特に選考体験記のクオリティは非常に高いと言われており、難関企業の選考を突破するためにはチェック必須となっています。また就活生が情報交換するコミュニティというユニークな機能も備えています。

ONE CAREER

www.onecareer.jp

こちらも過去のESや体験談を掲載しています。掲載されている体験談の数が圧倒的に多く、就活記事というコラムもかなりの高頻度で更新されています。気になる企業の選考体験談を探すなら、まずONE CAREERを利用するという就活生も多いようです。サイトもシンプルで見やすいデザインとなっており、企業や募集情報が非常に探しやすいです。こちらもチェック必須な就活サイトであるといえます。

OfferBox

offerbox.jp

スカウトに特化したサイトです。就活生は自らのプロフィールを公開し、企業からのオファーを待つというスタイルになります。企業からアプローチを受けるため、採用担当者の目に留まるように就活生はプロフィールを充実する必要があります。そのためOfferBoxでは、自己PRを動画で公開できたり、大学での研究内容について詳しく書いてアピールしたりすることができるようになっています。とりあえず登録しておいて、企業からのオファーを待ちつつ、他のサイトを使って就活をするというのが効率的な使い方だと思います。

公式HPもチェック!

志望企業の公式HPもしっかりチェックしましょう。大手企業などでは公式HPから事前にユーザー登録しないと、説明会や選考に応募できないというところもあります。また、説明会や選考会の情報が就活サイトより早く公開されることも往々にしてあるので、こまめにチェックすることをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。人口の減少にともない売り手市場と言われて久しい昨今ですが、優良企業の内定を獲得するのは容易ではありません。今後は内定をいくつも獲得する優秀な学生と、なかなか内定を取れない学生の二極化がさらに進んでいくと思われます。様々な情報を効率的に集め、整理し、有効に使うことが内定を獲得するうえでますます重要になってきます。

返済不要!給付型奨学金

f:id:Igortan:20170430162617j:plain 前回の記事はこちら 奨学金について知っておくべきこと - べるべっとるーむ

昨今、奨学金の返済が負担となっていることが問題となっていますが 今回は平成29年度より始まった給付型の奨学金についてです。

給付型奨学金

高等学校等において優れた生徒であって、大学等への進学の目的及び意志が明確であるにもかかわらず、経済的理由により進学が困難な生徒に対して、返還の必要のない給付奨学金を交付することにより、大学等への進学を後押しすることを目的とするものです。

平成30年度進学者 - JASSO

上記は平成29年度よりスタートした制度で、独立行政法人日本学生支援機構が運営している給付型奨学金です。
平成29年度は先行実施(つまりお試し)らしく、給付条件が以下のようになっています。

・住民税非課税(つまり収入が低く課税対象になっていない)
・私立大学進学
・自宅から通わずに下宿する学生 

特に負担が高い家庭を優勢的に支援するようですね。
平成30年度からは条件が緩和されると思います。

どれくら支援してくれるの?

一概には言えませんが、だいたい月に2〜4万円くらいの支援だそうです。
2万だとしても年間で24万!ひとり暮らしでうまく節約すれば食費くらいはまかなえる額です。 欧米などに比べればまだまだ少ない額ですが、いままで何もなかったことを思えば大きな進歩です!

給付型ってこれだけ?

いえ、実は日本学生支援機構が運営している以外にも、給付型の奨学金を実施しているところがあります。 詳しくは奨学金.netさんでまとめられています。
見やすくて良いサイトです!!

https://xn–kus49bd41h.net/

民間の財団が実施しているケースもあり、競争率は高そうですが
トライしてみる価値はあると思います!
特に公益財団法人明光教育研究所が実施している奨学金
最大30~70万円/1人と国立大学なら学費が賄えてしまいそうな額となっています。

www.meiko-zaidan.jp

海外の給付型奨学金

日本でもやっと始まった給付型奨学金制度ですが、欧米などではあたりまえに実施されています。
そもそもヨーロッパなどでは、大学の学費自体が安かったり無料だったりするので
奨学金を借りなくても問題ないってとこが多いです。
そのかわり税金がすっごく高いです。高税率福祉。社会のみんなで支援していこうね!っていうスタイルですね。

アメリカなどは学費がとても高いですが、奨学金プログラムが充実しています。
それでも貸与型だとすごい額の借金背負いますが。。。。

matome.naver.jp

まとめ

個人的な意見ですが、日本もヨーロッパのように税率を上げて、給付型の奨学金を充実させる方向に行けばいいなと思っています。
教育の充実は国力に直結するので、介護福祉も大切ですがもっと若者に手厚い制度も充実させていってほしいです!
税金上げるっていうと、反対する方が多いと思いますが、使いみちが奨学金に限定されている増税であれば
私は税金あげてもらって構わないと考えています。(もちろん反対意見もあると思いますが)

奨学金について知っておくべきこと

f:id:Igortan:20170426165037j:plain

みなさん、奨学金を利用されていますか?

私が務める会社ではインターンを積極的に採用しており、毎年たくさんのインターン生がやってきます。そんなインターン生の中には、大学の学費を稼ぐためにバイトを掛け持ちするなど、経済的に苦労している子が少なからずおります。彼らの多くは奨学金を借りており、将来、返済が大変だと不安を口にしていました。私自身、現在は完済していますが、有利子の奨学金を借りていました。昨今は奨学金を借りる学生が増えているとのニュースもあり、気になったので私自身の経験も踏まえて、奨学金について調べてみました。

 

奨学金とは

奨学金(しょうがくきん)とは、能力のある学生に対して、金銭の給付を行う制度である。奨学金の厳格な定義としては、学業成績等が優秀な生徒・学生に対して、修学を促すことを目的とするため、返済義務が全く無い給付奨学金(英語:scholarships)の事をいう。もっとも、このような厳格な定義の下で奨学金事業を運用すると、選抜される給付対象者が著しく少なくなるため、通常は、学生支援の制度趣旨に鑑み、奨学金の定義を無利子ないし低金利を伴う貸与も含めることで、幅広い層が奨学金事業対象とする。(Wikipedia)

 

奨学金の種類

奨学金にはいくつかの種類があります。
返済する義務があるもの(貸与型)と返済の義務が無いもの(給付型)です。
貸与型にも有利子無利子があり、奨学金事業の運営も民間と公的団体に別れます。

現在、日本の大学生のほとんどは、独立行政法人日本学生支援機構が運営する貸与型奨学金を利用しているのではないでしょうか。この奨学金には、第一種奨学金と第二種奨学金があります。第一種は無利子第二種は有利子(約3%)で、私が利用していたのは有利子の第二種でした。

最近では、奨学金の返済に困るケース、特に有利子である第二種の返済滞納が増加し問題になっているため、給付型の奨学金制度も増え始めてきました。国としても給付型を充実させていく方向で動いているようです。もっとも先進国で給付型の奨学金制度がここまで貧弱なのは日本だけなのですが…。
給付型の奨学金制度については、また別の記事で詳しく書く予定です。

news.allabout.co.jp

 

第一種と第二種

返済の負担を考えるなら、誰しも無利子である第一種を利用したいと考えるでしょう。しかし希望する全員が第一種を利用できるわけではありません。第一種を利用するためには、成績、家庭の収入などの基準を考慮して多くの希望者から選抜されます。

第一種 - JASSO

上記が第一種の採用基準です。しかし気づいている方もいるかもしれませんが、この基準を満たせば必ず採用されるかといえば、そうではありません。この基準はあくまで「この基準以下では不採用ですよ」というものであり、基準を満たした希望者の中でさらに順位付けがされ、予算内に収まる範囲で採用されます。一般的に、採用されるのは「希望者の4人ないしは5人に1人」と言われています。

-- 2017/04/30 追記 --

2017年度より基準を満たす希望者全員が採用されるようです。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2017/02/15/1381780_2.pdf

②無利子奨学金の希望者全員に対する貸与の実現

 

第二種 - JASSO

厳しい基準の第一種に対して、有利子である第二種はある程度緩和された基準となっています。第二種は有利子ではあるものの、学校や学部に関係なく借りたい月額を選択できます(3万円、5万円、8万円、12万円)。また医学部や歯学部など、学費のかかる学部に関しては、さらに増額できるようです。奨学金利用者の70%くらいが、この第二種だと言われています。

第二種は利息付きの借金

f:id:Igortan:20170426164724p:plain

採用されやすい奨学金とはいえ、第二種は利息付きの借金です。しかもその利息は約3%弱。最近の住宅ローン(35年固定金利)で1%未満、自動車のディーラーローンで4%くらいなので、安くない金利であることがわかります。奨学金を借りて大学を卒業したはいいものの、就職できなかったり、就職しても賃金が思ったように上昇せず、返済に窮するといった人もでてきています。奨学金の返済を滞納すると、通常のローンを滞納した場合と同様に信用情報機構に、その情報が登録されます。いわゆるブラックリストというやつです。この情報は金融機関の間で共有されており、5年から10年は記録が残ります。将来家を買うときにローンの審査が通らなかったり、クレジットカードの審査に落ちるといったデメリットがあります。

返済について

私が利用していたのもこの第二種で、大学を卒業してすぐに返済が始まりました。
月額5万円×4年(48ヶ月)で計2400,000円、3%の利息で合計約3,000,000円です。大学を卒業した時点で、ちょっとしたグレードの新車が買える借金を背負ってるわけです。これを毎月17,000円弱を180回、15年年かけて返していくことになります。

今でこそ、月額17,000円弱の返済額なら問題なく払えると思いますが、新卒の頃は薄給です。1万円でも厳しいと感じることがありました。事実、滞納しそうになったことが何回かありました。奨学金を借りて、バイトをし、ある程度親からの仕送りもあった学生時代には、毎月の返済がこんなに大変だとは想像できませんでした。

返済のコツ

そんなわけで、毎月の返済期限がくるたびにストレスを感じ、こんなことを15年も繰り返すなんて耐えられない!と思った私は、とっとと返済を終わらせることにしました。
その方法は、繰り上げ返済です。毎月の返済にすら苦労しているのに、繰り上げ返済なんでできるの?と思う人もいるでしょう。最初、私もそう思いました。でも大丈夫です。できます!私の場合ですが、月並みですが家計の収支を見直しました。新卒でひとり暮らしをしていると、家計の収支などあまり気にしませんでした。ちゃんと見直すと節約できるところはたくさんあります。節約方法なんてブログでいっぱい紹介されてますからねw。そして節約で浮いたお金は別口座か貯金箱にためます。

繰り上げ返済のやり方

さてお金がたまったのなら、繰り上げ返済してとっとと返してしまいましょう。
繰り上げ返済のやり方ですが、とても簡単です。

繰上返還 - JASSO

詳しいやり方は上記リンクに記載されてますが、私は電話しましたw。
毎月、繰り上げ返済したい額を電話で伝えると振込用紙が送られてきます。それをもって郵便局から払込みました。
残業代がでれば繰り上げ、ボーナスが出れば繰り上げなど、ことあるごとに払い込んでいき、最後の支払いは車を買うためにためていた50万を一括で払い完済しました。
結局6年ほど返済期間を短縮できました。人生なんて何が起こるかわかりません。返済期間が長ければ長いほど、何かあったときに払えなくなるリスクは高まります。可能な限り繰り上げ返済しちゃいましょう。返し終わるとストレスがなくなりますw。

奨学金を借りる前に

奨学金を借りる前に、毎月いくら位の返済になるのか確認しておきましょう。
今は運営元の日本学生支援機構がシミュレータまで用意してくれてます。

奨学金貸与・返還シミュレーション-JASSO

まとめ

奨学金とはいえ、貸与であるからには借金です。
借りる前に、シミュレータでちゃんと返していけるのか確認して借りる額を決めましょう。返済が始まったら、繰り上げ返済で一刻もはやく返してしまいましょう。完済すれば数百万の借金を返済したというクレジットヒストリーもゲットできて信用があがり、将来ローンが組みやすくなるかもしれませんw。

さて、次回は今後増えるといわれている給付型の奨学金について調べてみたいと思います。