読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べるべっとるーむ

就活・転職や職業に関することをつらつらと

返済不要!給付型奨学金

f:id:Igortan:20170430162617j:plain 前回の記事はこちら 奨学金について知っておくべきこと - べるべっとるーむ

昨今、奨学金の返済が負担となっていることが問題となっていますが 今回は平成29年度より始まった給付型の奨学金についてです。

給付型奨学金

高等学校等において優れた生徒であって、大学等への進学の目的及び意志が明確であるにもかかわらず、経済的理由により進学が困難な生徒に対して、返還の必要のない給付奨学金を交付することにより、大学等への進学を後押しすることを目的とするものです。

平成30年度進学者 - JASSO

上記は平成29年度よりスタートした制度で、独立行政法人日本学生支援機構が運営している給付型奨学金です。
平成29年度は先行実施(つまりお試し)らしく、給付条件が以下のようになっています。

・住民税非課税(つまり収入が低く課税対象になっていない)
・私立大学進学
・自宅から通わずに下宿する学生 

特に負担が高い家庭を優勢的に支援するようですね。
平成30年度からは条件が緩和されると思います。

どれくら支援してくれるの?

一概には言えませんが、だいたい月に2〜4万円くらいの支援だそうです。
2万だとしても年間で24万!ひとり暮らしでうまく節約すれば食費くらいはまかなえる額です。 欧米などに比べればまだまだ少ない額ですが、いままで何もなかったことを思えば大きな進歩です!

給付型ってこれだけ?

いえ、実は日本学生支援機構が運営している以外にも、給付型の奨学金を実施しているところがあります。 詳しくは奨学金.netさんでまとめられています。
見やすくて良いサイトです!!

https://xn–kus49bd41h.net/

民間の財団が実施しているケースもあり、競争率は高そうですが
トライしてみる価値はあると思います!
特に公益財団法人明光教育研究所が実施している奨学金
最大30~70万円/1人と国立大学なら学費が賄えてしまいそうな額となっています。

www.meiko-zaidan.jp

海外の給付型奨学金

日本でもやっと始まった給付型奨学金制度ですが、欧米などではあたりまえに実施されています。
そもそもヨーロッパなどでは、大学の学費自体が安かったり無料だったりするので
奨学金を借りなくても問題ないってとこが多いです。
そのかわり税金がすっごく高いです。高税率福祉。社会のみんなで支援していこうね!っていうスタイルですね。

アメリカなどは学費がとても高いですが、奨学金プログラムが充実しています。
それでも貸与型だとすごい額の借金背負いますが。。。。

matome.naver.jp

まとめ

個人的な意見ですが、日本もヨーロッパのように税率を上げて、給付型の奨学金を充実させる方向に行けばいいなと思っています。
教育の充実は国力に直結するので、介護福祉も大切ですがもっと若者に手厚い制度も充実させていってほしいです!
税金上げるっていうと、反対する方が多いと思いますが、使いみちが奨学金に限定されている増税であれば
私は税金あげてもらって構わないと考えています。(もちろん反対意見もあると思いますが)